札幌静修高校の授業料や学費は?入学金免除できる?

こんにちは!札幌高校進学ナビゲーターのさっしんです。今回は札幌静修高校学費について調べてみました。

高校に入学となれば、かかる費用は授業料だけではありません。入学金や制服代、修学旅行の積み立て等々、様々な費用が発生します。進学先の高校を選ぶ上で、学費については事前にしっかりチェックしておきたいところですよね。

札幌静修高校は私立の学校ですから、公立高校に比べて当然学費は高くなりますし、実際のところどのくらいの費用がかかるのか気になるところです。進学に際しての費用負担が少しでも軽くなるよう、入学金免除などの特典などについても確認してみましたので、是非参考にしてみて下さい。

札幌静修高校の授業料や学費は?

私立高校は公立高校よりも学費が高いというイメージがありますよね。やはり札幌静修高校もイメージ通りに高いのでしょうか?具体的な金額を確認してみましょう。

まず最初に支払うのは入学一時金です。合格通知の書類の中に入学一時金納入のお知らせが入っている場合が多いです。合格通知をもらって喜ぶ中学生。入学一時金のお知らせを見て、喜びつつもちょっと頭と懐が痛くなってしまう保護者といったところですかね(笑)

では、入学一時金はいくら支払うのでしょうか?

【札幌静修高校の入学一時金はいくら?】

札幌静修高校の入学一時金はこのようになっています。
入学金 200,000円
教育充実費 50,000円
合計 250,000円

私立高校の入学金は、全国平均で15万円〜25万円となっています。静修高校の20万円は平均の中に収まっているので、高くもなく安くもなく、真ん中な金額です。

私立高校を受験する予定であれば、入学一時金の用意はそれなりにされていると思います。納入金がほぼ全国平均額であれば、それほど驚く金額でもないので、ひとまず安心といったところでしょうか。

【札幌静修高校の授業料はいくら?】

学校に納入するお金は、もちろん入学金だけではありません。授業料等、毎月支払わなければならない費用が細々とあるものです。月々の費用についてはこちらの内訳をご覧ください。

授業料等 授業料 25,000円
維持費 3,500円
教育充実費 1,000円
施設拡充費 1,000円
諸  費 体育文化振興費 1,000円
PTA会費 1,000円
生徒会費 1,200円
合計 33,700円

静修高校の公式ページによると、上記の他に

  •  上記のPTA会費とは別に、4月のみPTA入会金2,000円を納入
  •  生徒会費は、1,200円×2カ月を9月までに振り替え

が必要となります。また、さらにそれ以外の諸経費として、年間で約22,000~38,000円(科・コースにより異なる)がかかるとのことです。

初年度の納入金は入学一時金を含めて約80万円(制服・体操着代約8万円、教科書・副教材費代約3万円含む)です。

  • 全国平均は約100万円
  • 北海道平均は約75万円
  • 東京都平均は約127万円

となっていますので、北海道の平均額より少し高めになりますね。1年分全額を一括で支払うわけではありませんが、これが3年間続くわけですから、トータルするとかなりの高額です。

さらに別途、2年次に修学旅行費(普通科は約14万円・ユニバーサル科は海外へ行くので約65万円)や1年次2年次にスキー学習代などもかかります。やはり私立高校の学費負担はなかなか大変ですね。

学費を免除できる方法がある?

私学の学費は公立に比べるとどうしても高いです。ですがそれでも「校風が気に入っている」「ここで頑張って勉強したい」と思えるような学校であれば、「学費が高額であっても入学したい」と誰もが希望することでしょう。また保護者の方にしても、そんな我が子の願いを何とか叶えてあげたいとお考えのことと思います。

学費の負担が志望の妨げとならないよう、学費免除の方法はあるのか?あるとすれば、どのような方法があるのかを調べてみました。公費での補助金による負担額軽減と本人の成績等から得られる奨学金がありますので、ご紹介していきます。

【公費補助金制度】

まず公的補助金制度ですが、こちら3種類になります。

  1. 高等学校等就学支援金制度
  2. 授業料軽減補助金
  3. 高等学校等奨学給付金

1:高等学校等就学支援金制度は、国が授業料の一部を支給する制度です。この制度は国公私立高校に通う生徒の家庭の市町村民税所得額の合計が304,200円未満の世帯に対して月々24,750円を上限に補助金が支給されます。

2:次に授業料軽減補助金ですが、こちらは北海道が授業料と維持費の一部を負担する制度。北海道内の私立高校に通う生徒の家庭の市町村民税所得割額の合計が51300円未満の世帯に対して、月々7,000円を上限に補助金が支給されるというものです。

3:また高等学校等奨学給付金は、北海道が授業料以外の教育費の一部を支給する制度となっています。教科書費・教材費・生徒会費・PTA会費等として高校生等奨学給付金を支給し、修学を支援。非課税世帯(年収250万円未満程度)でその他状況に応じて給付対象となります。支給額は年額52,600円・89,000円・138,000円のいずれかになります。

これら3つの公費からの補助金は親の所得に対して決まるものですので、生徒の成績に関係なく受けられるものです。各補助金の手続きは入学後に学校と通じて申請します。補助金(支援金)は学校が代理受領として、各家庭の授業料に充当します。

静修高校では実際の負担額は月々3,200円~33,700円となっていますので、この補助金があるのとないのでは、家計への負担がかなり違っくるのではないでしょうか。残念ながら、国・北海道・学校などから「補助金の対象者ですよ」というお知らせはありません。あくまでも自己申請ですので、対象と思われる方は忘れずに申請してください。

補助金制度を知っていると、私立高校への進学のチャンスが広がりますね。

【札幌静修高校独自の奨学金・優遇制度】

札幌静修高校では、学業やクラブ活動を頑張っている生徒のために独自の奨学金制度があります。この独自の奨学金制度、何とも太っ腹なことに給付される奨学金は返還の義務はありません

この制度の利用にはいくつかの条件はありますが、それをクリアすれば返済の義務がないというのは保護者の方にとっても、本当に有難い制度ではないかと思います。

<推薦入学試験・単願入学試験受験者対象の奨学金>

推薦入試・単願入試受験者を対象とした奨学金はこちらの2つです。

学業奨励奨学生中学時代の成績が優れ、入学後も学業に励み、大学進学を目指す生徒に適用されます。

  • SA型:Cランク以上で授業料等を3年間月々支給・入学金全額支給(20万円)
  • SB型:Dランク以上で授業料半額を3年間月々支給・入学金全額支給(20万円)
  • SC型:Eランク以上で入学金全額支給(20万円)
  • SD型:Fランク・206点以上で入学金半額(10万円)普通科のみ適用

ただしユニバーサル科受験の生徒で、英検準2級以上を取得している場合は、SA型→Dランク以上、SB型→Eランク以上、SC型→Fランク以上で対象となっていますので、資格取得者は少し優遇されていますね。ちなみに英検資格は、願書提出時にすでに取得していることが条件です。

クラブ活動奨励学生中学時代のクラブ活動において優れた実績をもち、本学入学後もクラブ活動に励み、活躍をめざす生徒に適用。(事前に中学校と高校のクラブ顧問との確認が必須)

  • A特待:授業料を3年間月々支給・入学金全額支給(20万円)
  • B特待:授業料半額を3年間月々支給・入学金全額(20万円)
  • C特待:入学金全額支給(20万円)

A特待は強化クラブのみ適用対象となります。強化クラブとは、吹奏楽・野球・陸上・バドミントン・ハンドボールの5つ。B特待とC特待は全クラブが対象となっていますが、強化クラブ以外は、それぞれ学習点Eランク以上、Fランク・189点以上が必要となります。

<一般入学試験受験者対象の奨学金>

一般入試受験者を対象とした奨学金も同じく2つ、ちゃんとありますのでご安心下さい。

学業奨励奨学生:推薦・単願受験者と同じく、中学時代の成績が優れ、入学後の学業に励み、進学を目指す生徒に適用。

  • GA型:Cランク以上で授業料等を3年間月々支給
  • GB型:Dランク以上で授業料半額を3年間月々支給
  • GC型:Eランク以上で入学金の半額(10万円)を支給

やはりユニバーサル科を受験する生徒で、英検準2級以上を取得している場合には、GA型→Dランク以上、GB型→Eランク以上、GC型→Fランク以上で対象となります。またGB型、GC型を申請した場合でも、入試当日の成績(得点)によってはより上位の型が適用されることもあります。

チャレンジ奨学生:入学試験で優秀な成績を収めた生徒に適用。

こちらは学習点・ランクは問われず、適用されるか否かの判断は、なんと試験当日の得点のみ。学業奨励奨学生と同じくGA型・GB型・GC型の3種となっており、適用基準はこのようになっています。

  • GA型:入学試験得点が80%以上で授業料等を3年間月々支給
  • GB型:入学試験得点が70%以上で授業料半額を3年間月々支給
  • GC型:入学試験得点が65%以上で入学金の半額(10万円)を支給

一般入試受験者は全員がチャレンジ奨学生へのチャレンジとなります。これは事前申請が不要です。

静修高校は受験者全員がいずれかの奨学生制度へのチャレンジができます。自分の成績によってはより上位を目指すことができますので、日頃からの学習が大切になりますね。

<優遇制度>

その他にも、こんな優遇制度があります。

  • 同居する父母が卒業生である生徒:入学金半額相当を支給(10万円)
  • 入学時点で兄姉が在学している生徒:入学金半額相当を支給(10万円)

もし家庭に高校生が2人もいたら、その納入額は…と思うととても頭が痛いところですが、ここでは静修高校卒業生、兄弟姉妹在学で入学金半額が支給されるのも有り難い制度ですね。

札幌静修高校は、進学先も国公立大学・私立難関大学・理系文系看護系大学等多岐にわたっています。また取得資格も英語検定2級・準2級、情報処理機能検定、日本語ワープロ検定などがあり、将来の希望に役立つようなカリキュラムが組まれている、魅力ある学校です。

「静修高校に行きたいけれど、私学の学費が心配」という方は、ぜひ学費免除の制度の活用を検討されてみてはいかがでしょうか。

独自の奨学金制度を受けるためにも、中学生の時から日ごろの勉強だけでなく、提出物、授業態度などの内申点にあたる部分にも気を付けて、さらにクラブ活動に真面目に参加しながら毎日を過ごすことが大切ですね。

まとめ

  • 入学一時金は全国平均以内です。
  • 初年度の納入金は北海道平均より少し高めです。
  • 学費免除の方法として、公費による補助金制度と奨学金制度があります。
  • 静修高校独自の奨学金制度があります。
  • 学業はもちろんのこと、クラブ活動を頑張っている生徒にも奨学金制度を受けるチャンスがあります。
  • 奨学金制度の条件にあてはまれば、入学金の免除だけでなく授業料3年間月々支給されます。
  • 奨学金の返済は必要ありません

私立高校の学費は他校とそれほどかわりはないようです。2年次のユニバーサル科の修学旅行は、オーストラリアやカナダにホームステイをしながら10週間の長期語学研修ですので、約65万円という高額な理由はわかります。

公費からの給付金や、独自の奨学金制度がとても充実しているので、保護者の負担も軽減されます。札幌静修高校に進学し、思いっきり自分の将来の夢や目標をかなえてみてはいかがでしょうか?

お付き合いいただきありがとうございました。

関連記事

  1. 札幌新陽高校の入学金・学費(授業料)は?免除にする方法も!

  2. 札幌大谷高校の推薦・単願・一般入試の難易度は?倍率や合格ラインも!

  3. 札幌静修高校の進学先はコースで全く違う?就職の選択肢は?

  4. 北海学園札幌高校のコース別の偏差値は?合格ラインや倍率も!

  5. 札幌山の手高校の入試日程は?推薦や単願について!特待生はある?

  6. 札幌厚別高校の推薦入試は難しい?面接で事前に用意できることは?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。