北海道科学大学高校の口コミ評判は?校則や特徴・校風は?掲示板も調査!

こんにちは!札幌高校進学ナビゲーターのさっしんです。みなさんは3年間通う高校のことをどのくらい気にされていますか。

3年間って通ってみたらあっという間ですが、高校生活は時間には置き換えられないくらい貴重なものです。今回は北海道科学大学高校口コミ評判について調査しました。北海道科学大学高校の校風や特色なんかも併せて調べてみましたので、興味がある方は是非是非ご一読ください。

北海道科学大学高校の校風・特色・評判は?

春の花, 花, コラージュ, 花柄, 夏, 美しい, 美しさ, ブルーム, 開花

では、北海道科学大学高校の校風や特色についてお話していきましょう。

【北海道科学大学高校の校風について】

まずは校風からお話していきたいと思います。高校の校風とはその高校の目標や雰囲気のことを言います。それでは、はじめに北海道高校のホームページ内にあるあいさつ文をご覧ください。

そうなんです。北海道科学大学高校は生徒の「ミライ」や「夢」の実現のために「挑戦」や「成長」を応援する高校なんです。なぜ「未来」ではなく、「ミライ」なのかを私なりに考えてみました。

私だけかもしれませんが「未来」と漢字で書いてしまったらなんだか誰かに決められているように感じがします。それを「ミライ」と表現することで、誰かに決められていない、自分自身で未来を切り開いていく。そんな高校生ながらの未来を実現していくための表現なのではないでしょうか。

北海道科学大学高校は生徒のそんな「ミライ」や「夢」を実現するために一緒に「挑戦」や「成長」ができる高校になれるよう取り組んでいます。学校の概要にも北海道科学大学高校は「生徒ひとり1人の個性を活かせる環境や教育とは何か」を日々模索し、時間をかけて取り組んできているとありました。

北海道科学大学高校は何事にも一生懸命頑張れるよう、生徒にできるだけ多くの機会やきっかけを用意しすることが大事だと考えています。

では北海道科学大学高校の校風をよりわかりやすくするために、次は教育理念や校訓、教育目標を確認していきましょう。

<北海道科学大学高校の教育理念>

北海道科学大学高校の教育理念はこちらです。

ふと、夢と志の違いは何なのかなと思い調べてみました。夢とは将来実現させたいと思っていることを指します。つまり、目標に対するゴールです。

このゴールが分からないと頑張りようがありません。そして志とはある方向を目指す気持ちのことを言います。夢がゴール設定だとしたら、志はゴールに向かうための意識とでも言いましょうか。

志が強ければ強いほど夢がかなうということでしょう。そのためにまずは自分自身を高めていくこと。自分自身だけでなく、周りと切磋琢磨、または助け合いお互いを高めていきましょうと。

このような理念となっています。では次は校訓です。

<北海道科学大学高校の校訓>

北海道科学大学高校の校訓はこちらです。

至誠一貫は「しせいいっかん」と読み、意味としては最後まで誠実な行いを貫き通すということです。誠実とは真面目や真心などの意味があります。高校生活の間、最後まで真面目に勉強や部活を頑張り通せることができれば、それってすごいことですよね。

もちろん高校生活のみならず、このような姿勢は卒業後も大きな財産になることでしょう。生徒ひとりひとりの「ミライ」へ思いのこもった校訓だなぁ、と感じます。

<北海道科学大学高校教育目標>

こちらが北海道科学大学高校の教育目標となっています。

北海道科学大学高校の教育目標は「知・徳・体」です。

知とは創造できる人になるようにとのこと。誰かがはじめたことを続けて行うことは簡単です。難しいのは何かを考え生み出すこと。

つまり自ら何か生み出すことができる人材育成のことを指しているのでしょう。

徳とは礼儀や協調することです。人は1人でできることには限界がありますよね。でも周りと協力することで1人では到底成し遂げられないようなすごいことができたりします。そして人と協力するためには相手に敬意を払ったり礼儀正しくしていく必要があります。

体とはその名の通り心身のことです。精神や身体が健康でなければ良い学びを身につけることはできません。

なんとなく北海道科学大学高校がどんな学校なのか見えてきたでしょうか。北海道科学大学高校の校風は生徒の「ミライ」や「夢」を実現するために応援するための高校を目指し取り組んでいくものとなっています。

では次に北海道科学大学高校の特色について確認していきましょう。

【北海道が科学大学高校の特色について】

北海道科学大学高校にはさまざまな特色があります。その中から厳選に厳選を重ねたものをご紹介させていただきます。

<+Professionalの入り口>

「+Professional」の入り口に立つ、北海道科学大学高等学校。

こちらは北海道科学大学高校の校章です。校章にもあるようにプラスプロフェッショナルな教育を目指しています。プラスプロフェッショナルとは北海道科学大学や北海道科学短期大学なども含めた北海道科学大学グループ全体で、基盤となる能力と専門性を兼ね備えた人材の育成を行うための取り組みになります。

その1番最初の入口となるのが北海道科学大学高校なんです。そして、プラスプロフェッショナルな教育実現のために「3つの価値」を掲げています。

1つ目の価値は「誇れる時間」です。これは生徒主体の教育カリキュラムや熱意あふれる教員の指導によって有意義な高校生活を提供するということ。

2つ目の価値は「地域に貢献できる人材育成」です。高校は教育施設ではありますが、その施設も地域に根差したものでなければと考え、北海道科学大学高校では地域との関わりを持ち、地域の問題にも意識して取り組むことができる人材を育成していきます。

3つ目の価値は「協同が生み出す成果」です。地域貢献はもちろん、他校とも連携していくことを掲げているんです。

<高大連携>

北海道科学大学高校の特色と言えばやはりこれでしょう。系列大学の北海道科学大学との連携です。系列大学がある高校の強みを最大限活かした連携を高校教育に取り入れています。それをいくつかご紹介させていただきます。

○大学進学・職業を考えるプログラムが充実

系列大学の北海道科学大学は総合大学です。その大学に高校に通いながら大学の授業の雰囲気や将来の就職のイメージができるような取り組みを行っています。具体的には大学説明会見学会によって、大学に通った時のイメージができるようになっています。

また、大学で模擬授業があったり、大学と高校の教員が連携して探究活動を行います。大学への説明会や見学会を行っている高校はあるかもしれませんが、模擬授業や探究活動まで行っている高校は多くはないかと思います。

さらに北海道科学大学には薬学部や看護師や理学療法士などになるための保健医療学部などもあり、医療系に強い大学となっています。そのこともあり、大学にある本格的な医療機器を使った体験などもできます。すごい特色ですよね。

○多岐にわたる学科への推薦入学を実現

北海道科学大学高校には系列大学への推薦制度があり、北海道科学大学入学定員の10%の推薦枠を有しているんです。持つべきものは系列大学と言いますが、申し訳なくなるくらい優遇されていますよね。

過去3年間で北海道科学大学、北海道科学短期大学へ推薦入学で254人の方が進学されています。

○大学進学の優遇制度

系列大学に進学するうえでの優遇制度は推薦枠だけではないんです。北海道科学大学高校から北海道科学大学へ進学すると入学金の20万円が免除されます。20万ですよ。

20万円もあれば、おいしいものも何度も食べに行けますし、卒業旅行や何かと物入りな新生活の資金なんかにもあてることなんかもできます。

【北海道科学大学高校の校則について】

水平, 正義, 右, 法律, オークション, 裁判官, 判例法, ジュラ

では、次に北海道科学大学高校の校則についてお話していきます。校則は通いたい高校を選ぶうえで気になるものの1つかと思います。北海道科学大学高校の校則を調べてみると、このような校則となっていました。

  • 男子生徒は前髪が眉にかかってはいけない。女子は髪をまとめれば大丈夫。
  • ピアスやマニキュアは禁止。
  • 定期的(月に1回)に服装、頭髪検査がある。
  • 携帯電話は持ち込みは大丈夫だが、校内での使用は禁止。

私立高校ではどこの高校でもあるような当たり前の校則となっている印象です。北海道科学大学高校の校則が厳しすぎると言っている口コミ掲示板も目にしましたが、高校の校則とは本来、社会に出るための練習として設定されています。高校の校則では注意されればそれで終わりかもしれませんが社会に出るとそんなに簡単にはいきません。

服装や髪形が乱れていると取引先からの信用は簡単に崩れてしまいます。そのことを考えると決して厳しすぎず、かといって緩すぎないしっかりした校則になっているのではないでしょうか。

また「高校入学後はアルバイトをしたい」と考えている方も多いかもしれませんが、北海道科学大学高校でのアルバイトについては基本事前許可制となっています。

といっても普通科の特進コースではまず許可が下りることはないので特進コースに限っては禁止されているのと変わりありません。普通科の進学コース、工業科では事情によって許可されることがあります。

高校に入ってアルバイトをすると将来就職する時の向き不向きが分かる、社会人としてのマナーが身につく、金銭感覚が養えるなどのたくさんのメリットがありますよね。しかし逆に高校生の本業である学業に支障が出てしまう可能性もあります。

学校側に許可を願い出る際には、学業も疎かにしないという説明を加えていくと許可してもらいやすくなるかもしれませんよ。

北海道科学大学高校口コミを掲示板で調査!

カモ, アヒルの子, 鳥, 羽, 野生動物, くちばし, 野生, 屋外

高校の評判を確認するには口コミ掲示板を確認していくのが一番です。しかし、気を付けていただきたいのはあくまでも他の方の評価であること。人はひとり1人考え方や感じ方が違って当たり前です。しかし、何も情報がないと不安なのも確かですよね。

口コミ掲示板を確認していくときには、「もしかしたらこんな感じなのかもな」程度にとどめておいた方が良いかと思います。では、前置きが長くなってしまいましたが、改めて北海道科学大学高校の評判について見ていきましょう。

【北海道科学大学高校評判】

勉強も部活もそこそこ頑張りたい!という人に向いてると思います。あと先生に良い人が多いです。高校に来てから格段に成績が伸びました。教師達の性格という面では、たまたま当たりがよかっただけかも知れません。勉強については、テスト前にしっかりと努力し、勉強しておけば困ることは無いし、成績もそこそこ良いものになります。

引用先:みんなの高校情報

勉強も部活も両方頑張るって大変ですよね。そんな方にも向いている高校となっているようです。また、良い先生が多いとのこと。良い先生が多いということはその先生の人柄ももちろんあるかと思いますが、高校による教員への指導がしっかりしている面もあるかと思います。

その指導が継続して行われているのであれば、生徒はもちろん良い先生が育っていける環境なのでしょうね。

薬剤師を目指してる人、医療系で働いていきたい人、国公立大学に行きたい人、部活に全力を注ぎたい人などにおすすめです。
先生方も相談に乗ってくれて進路を決めていきます。

引用先:みんなの高校情報

薬剤師や医療系の仕事ということは系列大学があるからということでしょうね。国公立大学を希望している方にもおすすめの高校のようです。しかし、系列大学にしても国公立大学にしても勉強をしっかり頑張らなければ入ることはできません。

自分のしてきた努力は必ず身を結びます。しかし、頑張るだけでは学力が着々と上がらないのもまた事実です。効率の良い努力こそが必要です。そのために頼りになる先生が必要となってきます。

北海道科学大学高校の先生方はそんな努力の方法にも進路の相談にも乗ってくれるようです。

スポーツ系の部活がどれも力が入っていて、特にバレーボールと軟式野球、軟式テニス、自転車競技部、射撃部など特色のある部活ばかりです。

引用先:みんなの高校情報

勉強だけではありません。北海道科学大学高校はスポーツにも力を入れているようですね。バレーやテニスはもちろん、あまり部活動としては聞きなれない自転車競技部や射撃部などもあり、バラエティーに富んだ部活のある高校となっています。

まとめ

鳩, 自由, 鳥, 自然, 動物, 翼, 野生動物, 羽, 平和, フライ

  • 北海道科学大学高校の校風は生徒が「ミライ」や「夢」を実現できるために全力で応援するものとなっています。
  • 北海道科学大学高校にはプラスプロフェッショナルや高大連携などのたくさんの特色があります
  • 北海道科学大学高校の校則は厳しすぎず、緩すぎないしっかりした校則となっています。
  • 北海道科学大学高校の口コミ掲示板を見てみますと、勉強や部活を頑張ることができる高校となっていました。

いかがでしたでしょうか。北海道科学大学高校の校風や特色、校則、そして口コミ掲示板を見てきましたが、改めて北海道科学大学高校のすばらしさを確認することができましたね。みなさんも北海道科学大学高校だけではなく、自分に合ったすばらしい高校を見つけてみてください。

たった1度の高校生活があなたにとって貴重な3年間になりますように。お付き合いありがとうございました。

関連記事

  1. 札幌厚別高校の総合学科の系列とは?学べる内容が違う?定員人数は?

  2. 札幌厚別高校のオープンスクールや学校説明会の時期はいつ?

  3. 北海学園札幌高校のオープンスクールや学校説明会の時期はいつ?

  4. 札幌の高校が無償化はいつ?学費の補助として奨学金は必要?

  5. 札幌静修高校の場所を地図で確認!バスや地下鉄で行き方を調査!駐車場は?

  6. 英藍高校の全日制普通科単位制とは?選択教科が豊富で楽しい?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。