北海学園札幌高校のコース制とは?2年次より4コースから選択?

こんにちは!札幌高校進学ナビゲーターのさっしんです。

今回は、北海学園札幌高校コースについてご紹介します。

国内の国公立大学や私立大学はもちろんのこと、海外の大学や国際系の大学、医療系の大学など、様々なジャンルへの合格者を生み出した北海学園札幌高校。きっと、その無限の可能性に魅了されること間違いなしです!

北海学園札幌高校のコース制度について

北海学園札幌高校は普通科の学校です。普通科の高校は札幌市内にもたくさんありますが、ここは他の学校とは少し違います。

北海学園札幌高校は、普通科には珍しいコース制度を導入しております。しかも、その数なんと4つ!それぞれの目標に合わせた授業を受けることができるんです。

また、コースによりインターンシップの有無や内容が異なります。これからの自分の人生設計を考えらえるよう、コース別の特徴や仕組みについて一緒に確認していきましょう。

2年次より4コースから選択できる?

北海学園札幌高校には、コースが4つあるとお話しました。その4つのコースとは、以下のものがあります。

  • 特進コース
  • 総合進学コース
  • グローバルコース
  • メディカル・プレップコース

しかし、最初からこの4つのコースの中から好きなものを選択できるわけではありません。入学時点で選択できるコースは2つのみで、2年次から選択肢が4つになるんです。

入学試験の願書が、特進コースを選ぶか総合進学コースを選ぶかで異なります。その後、試験結果により特進コースか総合進学コースかが決まります。ただ、4つのコースを選べるようになるのは、2年次に進学する時なので、グローバルコースやメディカル・プレップコースを目指している方は1年間新たなコースにわくわくしながら過ごすことになりそうですね。

在校生の話を聞いてみると、北海学園札幌高校は生徒の自主性を尊重しているようです。進路についても気になることや考えていることがある場合は、「自分から先生にどんどん相談してみると良い」という声がありました。

では、その進路を自分で考えられるよう、実際にコースごとの特徴はどんなものなのか、1つずつご紹介します。

特進コース

文系理系を問わず、国公立大学を目指している方向けのコースです。1年次で特進コースに入るためには、入学試験で高成績を残さなければいけません。平成31年度だと、特進コース合格の筆記試験の得点目安は210点です。ただし、年度によって異なる可能性があるため、詳しく知りたい場合は北海学園札幌高校のホームページなどでご確認くださいね。

また、2年次以降に総合進学コースから特進コースに移ることも可能です。その場合は成績等の基準があるので、一生懸命勉学に励む必要があります。

特進コースは、高い学力を維持し、さらに育てながら志望校の合格を目標に学習を進めていきます。放課後講習や長期休暇講習も実施しているので、難関校を目指す学生をしっかりサポートしてくれるんです。

でも、人生で一度しかない高校生活。勉強以外にもやりたいことはたくさんありますよね。例えば、学生時代にしかできない部活動に一生懸命取り組みたいという方も多いはず。

しかし、これだけ勉強が忙しいと部活動はできるのかな。と不安に思う方もいらっしゃいますよね。ご安心ください!部活動への参加は可能で、実際に部活と勉強をしっかり両立されている先輩もいます。様々な方向から学生生活を謳歌できる素晴らしいコースですね。

総合進学コース

私立大学短期大学専門学校を目指している方、もしくは就職を考えている方向けのコースです。

基本は文武両道。その上でそれぞれの目標に向けて、それぞれの個性を伸ばせるような体制をとっています。しかし、進学希望者と就職希望者が同じコースで、きちんと受験対策や就職のための資格試験対策などはできるのだろうか。と疑問に思いますよね。

大丈夫です!希望者には、進学のための講習があり、進学や受験の対策もしっかりサポートしていきます。そして、就職希望者には様々な検定試験の対策授業もあります。

様々な目標に向かって頑張る仲間と一緒に生活することで刺激を受け、それを自分の活力にすることもできます。総合進学コースで勉学に励むことで、確実に自分の目標に向かって歩んでいけそうですね。

グローバルコース

海外の大学や、国内の海外系大学を目指している方向けのコースです。

2年次では、コースの生徒全員でカナダのブロック大学へ短期間の研修に行きます。英語圏で研修をすることで語学力が向上し、自分の希望している進路に近付くことができます。

また、コースの代表生徒がカナダでの研修の成果を発表するなどのプレゼンをする機会なども設けて、思考力や行動力など高校を卒業してからも実践的に動ける力を身につけることができます。

因みに、北海学園札幌高校のグローバルコースは文部科学省よりスーパーグローバル・ハイスクール・アソシエイト校の指定を受けています。

高等学校等におけるグローバル・リーダー育成に資する教育を通して、生徒の社会課題に対する関心と深い教養、コミュニケーション能力、問題解決力等の国際的素養を身に付け、もって、将来、国際的に活躍できるグローバル・リーダーの育成を図ることを目的としています。

引用:スーパー グローバル ハイスクール 公式サイト

つまり、日本にとどまらず世界的な視野でリーダーシップを発揮し、社会課題などを解決できる能力やコミュニケーション能力を鍛えられる学校。と文部科学省が認めてくれているという事です。

北海道でこの指定を受けている学校は、たった3校のみです。将来、海外での活躍を目標としている方にはうってつけの高校です。学生のうちから海外を意識して生活できるなんてすごく嬉しい制度ですね。

メディカル・プレップコース

メディカルとは医療系、プレップとは進学のための準備をする。という意味です。つまり、このコースは医療系の私立大学専門学校を目指している方向けです。

現在日本では高齢社会が進んでいます。そのため医療や福祉の現場を充実させる必要が出てきています。そういう観点から、高齢者宅の前を除雪したり、デイサービスセンターで高齢者の方と交流をしたりというボランティア活動も行っています。これにより、学力だけではなく豊かな人間性を養うことにも力をいれています。

もちろん受験のためのカリキュラムも設定されていて、そのカリキュラムは今までの実績を生かした志望校の合格をしっかりサポートできるものになっています。また、日本医療大学(高大連携)や札幌保健医療大学(高大の取り組み)との繋がりにより、大学に行って講義を受けたり体験学習もしています。

また、それだけではなく実際に大学の教授が講座をしてくださる機会もあるんです。他の学校では、なかなかこのような実践的な教育を受けられる機会はありませんよね。

【高大連携・高大の取り組みとは】

では、具体的にどのような取り組みをするのかについてご説明します。

高大連携・高大の取り組みとは、大学側は社会貢献活動の一環として、高校側は実践的な教育を受けることを目的として連携を取ることです。

北海学園札幌高校は日本医療大学や札幌保健医療大学と連携を取り、大学へ見学に行ったり看護体験をしたりなど高校だけでは得られない経験をしています。

このように、北海学園札幌高校はそれぞれの生徒が目指す道を様々な形で支援してくれます。仕事というのは、実際にその職業に就いてから分かることが多々あります。でも、学生のうちからその職業に触れることで、大体のことを前もってイメージしておけるんですね。

まとめ

  • 北海学園札幌高校には、「特進コース」「総合進学コース」「グローバルコース」「メディカル・プレップコース」の4つが存在する。
  • 入学試験の申請時点では特進コース総合進学コースの2つから選択する。
  • 2年次以降にグローバルコースメディカル・プレップコースを合わせた4コースから選択できる。
  • 特進コースは国公立大学を目指している方向けのコース。このコースに入るには一定の基準がある。
  • 総合進学コースは私立大学短期大学専門学校就職を考えている方向けのコース。
  • グローバルコースは海外の大学国内の海外系大学を目指している方向けのコース。
  • メディカル・プレップコースは医療系の私立大学専門学校を目指している方向け。

自分にはどのコースが当てはまるか、道が見えてきましたでしょうか。

まだ10代で将来の夢をしっかりと考えられる方は多くないと思います。まだ全然想像できないんです、という方も焦る必要はありません。進学してからでも興味のあるものや周りの話などを見聞きしているうちに道は見えてくると思います。また、しっかりと自分の道を想像できている方は、今回の記事でより具体的な道を描いていただけると嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

  1. 札幌山の手高校の校訓や特色は?校則は厳しいか気になる!

  2. 高校受験は勉強スケジュールを立てよう!その手順を紹介!

  3. 札幌新陽高校のレベルは?コースごとの偏差値基準を調査!

  4. 札幌新陽高校の進路は?大学への進学実績や指定校推薦枠も調査!

  5. 札幌厚別高校の推薦入試は難しい?面接で事前に用意できることは?

  6. 札幌山の手高校の進路実績の大学・短大は?就職先も調査!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。