英藍高校の入学金や学費は?3年間に必要な費用を算出してみた!

こんにちは!札幌高校進学ナビゲーターのさっしんです。

受験する志望校を選ぶ時、何もその学校のことが分からない状態で決めるということはそうそうないですよね。いくつかの学校の情報を調べ、その中から志望校を決めていくことになるかと思います。その情報というのはいろいろありますが、例えば「学費」についてもしっかり把握しておかなければいけませんよね。

入学したら、授業料はいくらかかるのか?他に掛かるお金はいくら?何にしても、試験に合格してから用意するのでは遅いのです。今回は英藍高校を志願している方に向けて、英藍高校の入学金学費、3年間で掛かる費用を試算してみました。

英藍高校の入学金や学費は?

英藍高校は、北海道内の公立高校です。公立の高校なので、それほど学費は高くないイメージがありますね。では、実際どのくらいの費用がかかるのかというのは、以下の通りです。

  • 入学検定料ー¥2,200
  • 入学料ー¥5,650
  • 授業料ー¥111,800(年額)
  • 学校納付金ー¥60,000(年額)

参考元:北海道教育委員会

学校納付金とは、PTA会費や、修学旅行の積み立て、遠足代等が含まれます。学校によって様々ですが、大体の学校で月額¥5,000程かかります。

この他に、制服代や体操服代などがあげられます。男子と女子では若干の料金の違いがあるようですが、口コミなどから女子の制服で約8~9万円とありました。

こちらが、英藍高校の制服になります。男女共にブレザーでおしゃれな制服ですね。

この他に、教科書代約2万円教材費約7万円、指定品以外の上履きや体育館履きといった細かいものに、約2万円かかります。ということは、大体多目に見積もって、その他のお金は約20万円程必要だということになります。

これらをまとめると、英藍高校で1年間に必要なお金は以下のようになりました。

入学料(¥5,650)+授業料(¥111,800)+学校納付金(¥60,000)+その他(¥200,000)=¥377,450

公立高校のメリットはお金が安いことだというのは聞いたことがあるかとは思いますが、それはあくまで“私立と比べて”の話です。1年間で40万円近くというと結構高額ですよね。

でも、こうした負担を軽減するためにいくつか制度が設けられています。そのひとつが、2014年に新制度としてスタートした、高等学校等就学支援金制度。こちらを利用すると、授業料がなんと全額給付!11万1800円がタダになるんです。

【高等学校等就学支援金制度とは?】

「高等学校等就学支援金制度」とは、前述の通り公立高校の授業料が無償化する制度です。

公立高校の…というと、私立高校は対象外だと考える方が多いようです。しかしそうではなく、しっかり私立高校にも適用されますよ。

しかし私立高校の場合は全額ではなく、支給される金額が決まっています。それが、月額¥9.900年間で、¥118,000の補助を受け取ることができます。

この数字、何か見覚えがあるのでは?

そうです。私立高校に入学した場合、この制度で支給されるのは公立高校の授業料の額です。公立高校はどの学校も同じ授業料が取られますが、その額が月額¥9,900。年間、¥118,000となります。つまり、公立高校も私立高校も同額の補助が受けられるということですね。

負担が軽減されるので、親御さんにとってはかなり嬉しい制度ですよね。しかし、ここで少し注意していただきたいのが、この制度には所得制限があることです。

市町村民税所得割額・道府県民税所得割額」の合算額が507,000円(年収910万円程度)未満の世帯に「就学支援金」が支給

引用:高校授業料無償化.net

支給額は直接自身の口座に振り込まれるのではなく、通っている学校に授業料が支払われます。その為、申し込みも学校ですることになります。

授業料の他に、負担軽減のための高校生等奨学金制度があるのをご存じですか?合わせてそちらもご説明していきますね。

【高校生等奨学金制度とは?】

各都道府県が、経済的な負担を減らすために設けている制度を高校生等奨学金制度と言います。奨学金というと、のちのち返還しなければいけないものと思われるかもしれませんが、この制度は“給付”なので返還しなくても大丈夫です。

この給付が適用されるのは、教科書代や教材費、PTA会費等の授業料以外のものです。1年間にかかる費用は授業料だけではありませんでしたよね。もしそのお金まで用意するのが難しいという場合に使用を検討してみましょう。

ただし、この制度の対象者は非課税・生活保護世帯の方のみです。誰でも使用できるというものではないのでご注意ください。

〈高校生等奨学金制度の国の補助基準額〉

具体的にいくら給付されるのか、国の補助基準額を見てみましょう。

生活保護受給世帯【全日制等・通信制】

  • 国立・公立高等学校等に在学する者:年額3万2,300円
  • 私立高等学校等に在学する者:年額5万2,600円

○非課税世帯【全日制等】(第一子)

  • 国立・公立高等学校等に在学する者:年額8万800円
  • 私立高等学校等に在学する者:年額8万9,000円

○非課税世帯【全日制等】(第二子以降)

  • 国立・公立高等学校等に在学する者:年額12万9,700円
  • 私立高等学校等に在学する者:年額13万8,000円

○非課税世帯【通信制】

  • 国立・公立高等学校等に在学する者:年額3万6,500円
  • 私立高等学校等に在学する者:年額3万8,100円

引用:文部科学省

上記が国の補助基準額になりますが、各都道府県によって、細かい詳細が違います。詳しいお問い合わせなどは、こちら、高校生等奨学給付金のお問い合わせ先一覧を確認してお問い合わせください。

3年間の学校生活で必要な費用は?

次に、高校3年間にかかる費用を見ていきましょう。

先ほど1年間にかかる費用を見てきましたが、高校生活は3年間続きます。お金は無制限に得られるわけではないので、しっかり先のことも見越しておきたいですよね。

かと言って、入学前に全額貯めておくのも厳しい…という方が多いかと思いますが、もちろん最初から用意しておくことはありません。しかし、3年間で必要なお金の目処が立っていれば、その都度慌ててしまうこともないかと思います。

英藍高校の3年間にかかる学費はいくらなのか、しっかり把握しておきましょう。

【3年間の費用を算出!】

初年度の費用は、約40万円という結果でしたね。では、残りの2年間の費用はいくらで、それを足すと合計はいくらになるのでしょうか。内訳をこちらの表にまとめてみました。

授業料と学校納付金は、3年間変わりませんその他のお金については、2年生からは教科書代と教材代のみの計算で算出しています。

以上のことから、英藍高校の3年間でかかるお金は、合計¥901,050でした。

3年間とはいえ、この大きな金額を見ると少しビックリしてしまいますよね。そして、検定を受けたり部活の遠征費が必要になったりなど、場合によってはプラスαで金額がかかることがあります。ですので、こちらの金額が全てではないのですが、基本はこのくらいのお金が必要だということを把握しておいていただけたらと思います。

まとめ

  • 初年度の学費は、約40万円かかる。
  • 高等学校等就学支援金制度が利用できると、授業料が無料になる。他にも、非課税・生活保護世帯の方のみが対象給付型の奨学金制度もある。
  • 高校3年間にかかる費用は、約90万円。ここから場合によってはプラスαでお金が必要になってくることもある。

英藍高校の3年間にかかる学費を算出してみましたが、公立でもやはりある程度の金額は必要だということが分かりました。しかし、その負担を減らせる制度もあるので、活用していくために申請は忘れずに行いましょう。

また、高校生になると行動範囲も広がるので、プライベートでもかかるお金が増える…なんてことも。学業も大事ですが、もちろんプライベートを充実させることも大事。そうすれば、きっと最高に楽しい高校生活の思い出ができるでしょう。

その点も踏まえて、今回の試算を参考にしてくださると嬉しいです。

関連記事

  1. 英藍高校の住所を地図で確認!最寄り駅は?バスや地下鉄で行くには?

  2. 明清高校(北海道)の学科は?普通科は5コースに分岐!コース毎の特徴は?

  3. 札幌大谷高校音楽科の評判や学費は?特待生制度がある?

  4. 明清高校(北海道)の学費は?入学金や授業料は?特待生制度はある?

  5. 札幌創成高校への交通手段は?バスや地下鉄で行き方を調査!

  6. 明清高校(北海道)場所は?アクセスにはバスが必要?通学費特別補助制度とは?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。