高校受験の塾の費用は?家庭教師と大手塾のどちらが効果的か?

こんにちは!札幌高校進学ナビゲーターのさっしんです。

人生の節目である高校受験に関して『塾に行った方が良いのか?』や、『塾に行きたいけど、どんな塾を選んだら良いのか?』など色々考えるこも多いのではないでしょうか。今回は家庭教師と大手塾のメリット・デメリットなどをお話しします。ぜひ参考にされてくださいね。

高校受験の塾の費用がどれくらい?

塾に通うのに一番気になるのは塾のお金と塾での勉強内容で、これは塾によって様々です。文部科学省の調査によると、中学生の学習塾の費用はこのようになっています。(これは模擬試験や、夏期講習・冬期講習なども含んだ金額です。)

【公立】中学1年生:11万7795円,中学2年生:16万2584円,中学3年生:32万2386円(平均すると、20万2498円

【私立】中学1年生:12万384円,中学2年生:14万492円,中学3年生:17万346円(平均すると、14万3694円)

引用先:文部科学省公式HP

これは、1年間にかかる費用です。私立・公立ともに中学3年生の時期が一番高くなっていて、学習塾にしっかりと時間をあてて勉強をする中学生が多いことが分かります。

一般的には焦ってしまうあまり塾にばかり頼りすぎても、成績が急激に上がるという訳ではありません。成績が上がらず落ち込んでしまうのも残念すぎるます。

  • まず自分がこの塾に入って、学んでいけるかどうか
  • 塾の講師と、相性が合うかどうか(講師と相性が合わないと、塾に通うのが苦痛になってしまう原因になります!)

塾に入る場合はこれが重要です。

一番良い勉強方法は中学1年から2年生まで学んだ基礎をしっかり見直し地盤をかためた後、自分が苦手としている部分を取り組んで分からない部分を塾の講師などに聞いて解決する。それか自分の志望高校に合った塾のコースに入って、しっかり学ぶ

これが塾の費用を効率的に使え、時間を節約できるコツです。皆さんには高校受験に合格するために、ぜひ時間とお金は効率よく使って親孝行をしてほしいです。

家庭教師のメリット・デメリット

家庭教師を自宅に来てもらって、受験生の勉強をマンツーマンで見てもらうイメージが強いかと思います。塾に通うのはちょっと敷居が高いけど、自宅だったらリラックスして勉強できる声も実は多いです。なので家庭教師に自宅へ来てもらって、直接勉強を見てもらっている受験生もいます。

家庭教師の支払いについては毎月のところが多いです。

家庭教師には・・・以下の3パターンあります。

  1. 家庭教師会社に頼む
  2. 学生専門の家庭教師会社に頼む
  3. 家庭教師会社に頼まず、知り合いの学生などにお願いして家庭教師を依頼する(直接の契約)

<メリット>

    • 受験生なのに勉強をさぼってしまう、塾に行くのが面倒くさくてあまり行っていなかったなどよく聞く話ですが、親の目がちゃんと行き届くので安心です。
    • 1コマの勉強時間と値段が決まっているので、学生のレベルや予算に合わせて選ぶことができます
    • 家庭教師は効率よく勉強するやり方を熟知している人が多いので、受験生に合った勉強方法を直接教えてもらえます。
    • 家庭教師は個人対応なので、人見知りで人とうまく話せない学生には安心して何でも相談ができます。
    • 家庭教師会社に言えることですが、自分の担当家庭教師が体調不良などでこれなかった場合急きょ対応してもらうことができます
    • 家庭教師会社ではもし自分担当の家庭教師と相性が合わなかった場合、交代してもらうこともできます。
    • 宿題などをやらない学生であっても、家庭教師は勉強が楽しくできるよう学生に合ったアイデアを提案してもらえます。

<デメリット>

      • 家庭教師と人間関係ができたことが原因で学生自体の甘えが出て、わがままを言いだし勉強をしないことに家庭教師側が注意できないケースなどあります。
      • 学生の勉強を見ているようにみせかけて、家庭教師自身がお金のために担当時間をサボってしまうケースもあります。
      • 塾よりも費用が高いので、親の負担がとても大きいです。
      • 塾と比べて家庭教師は持参する教材が人それぞれなので、家庭教師自身の勉強レベルに差が出てきてしまいます。
      • 高校受験に関して指導した経験数が少ない家庭教師もいるので、受験生が不安になっている部分をフォローできない時もあります。
      • 家庭教師自身が学校教育の知識に乏しく、分からないところがあってもごまかして解決しようとしない。

このデメリットは体験した家庭教師や受験生から、よく聞く内容です。そういう経験があるなと感じた方は、『高校受験って、何のためにしているの?』や『誰のために、やっているのか』など一度落ち着いて良く考え直してみてください。お金と時間をうまく消費すればするほどやりがいを感じるし、何よりも『あの時がんばって、本当に良かったな』と胸張って言えるようにしていただきたいです。

大手塾のメリット・デメリット

大手の学習塾は今CMなどでよく聞くところも多いですが、学習塾によってやり方が様々です。もしどの塾に通おうか迷われている方がいたら、学習塾の見学をしている塾もあるので親と一緒に見学して雰囲気を見てみること説明会の参加をおススメします。あと長く通う場合が多いので講師の雰囲気と話し方も自分と相性が合うかどうか、そこも重要なポイントになってきます。学習塾の支払いについては毎月のところが多いです。

<メリット>

  • 高校受験に関して合格に導く経験数は、大手塾のほうが圧倒的に多いです。
  • 高校受験合格に向けて、受験生それぞれのレベルに合わせて授業内容がチョイスできます。
  • 自習室を完備しているところが多いので、他の受験生と一緒に勉強できるため『自分もがんばろう!』という気持ちになります。
  • 直接講師に分からないところが聞けて、不安などを解決することができます
  • 経験豊富な講師がそろっているので、受験直前でも効率よく勉強できるためのコツなどを教えてもらうことができます。
  • 志望校によっては特進コースなどを設定している塾もあり、自分のレベルに合わせて選ぶことができます。
  • 全国模擬試験とかもあるので、それに合わせて講師から点数アップのコツを直接教えてもらえます

<デメリット>

  • 勉強しないとついていけないので、サボったら自分だけが塾の勉強に遅れてしまいます。
  • 受験したい高校が決まっているのに受験生一人ひとりのサポートが行き届かず、目指している偏差値のレベルアップすることが難しいです。
  • 宿題が出されているのに時間の取り方などがうまくできず、宿題がどんどんたまってしまいしんどくなります。
  • 周りは受験モードで勉強しているのに温度差を感じてしまい、塾に行くのが苦痛になってしまうことがあります。
  • 大手塾に所属しているハイレベルの講師に教えてもらうとなると、塾費用も時間もかかってしまうことも多いです。
  • 塾によっては学生ごとの成績表が張り出されるケースもあり、それを見て気持ちが落ち込んでしまうことがあります。

【大手塾と家庭教師の併用について】

大手塾で質問しにくい学生が多い分、家庭教師に直接質問をして問題解決をする方もいますが正直おススメしません

聞いた話によると、どっちもつかずになってしまう可能性があるからです。必ず偏差値がレベルアップするならやった甲斐がありますが、そんな保証はどこにもありません。

大手塾と家庭教師の説明会を両方聞いてみて自分の状況に合った方を選ぶ方が、親が負担する費用も節約になるし時間もかなり有効的に使え集中できます。その結果偏差値のレベルアップに繋がるので、自分に自信と気持ちの余裕が出てきます。大手塾・家庭教師のどちらにするのか、早めの段階で決めて行動することが最も大切になります。

家庭教師・大手塾のどちらが効率的?

【家庭教師】個人で勉強を教えてもらいたい1人で自立して勉強できる学生の場合は家庭教師が向いています。自分が今どのレベルなのか把握してもらえたり、さらなる偏差値アップをするための方法を一緒に考えてくれるので受験生にとってはとても安心して勉強できます。

【大手塾】高校受験合格するための経験が豊富なので、受験直前であっても効率よく勉強できるコツを直接教えてもらえます。自習室がある塾も多いので、ほかの受験生からの良い刺激がももらえ勉強に打ち込めます。あと志望校によっては特進コースなどを設けている塾もあるので、自分のレベルに合わせて勉強できます。

まとめ

  • まず自分がこの塾に入って、学んでいけるかどうか』・『塾の講師と、相性が合うかどうか(講師と相性が合わないと、塾に通うのが苦痛になってしまう原因になります!)』を見てみましょう。
  • 家庭教師に来てもらって勉強をする場合は、塾に通うのはちょっと敷居が高いけど自宅だったらリラックスして勉強できる受験生に向いています。
  • 人見知りで人とうまく話せない学生の場合は、家庭教師だったら安心して何でも相談ができるという声が多いです。
  • 家庭教師は勉強が楽しくできるよう、学生それぞれに合った勉強のアイデアを色々提案してもらえます。
  • 大手塾は高校受験に関して、合格に導く経験数が圧倒的に多いです。
  • 直接講師に分からないところが聞けて、不安などを解決することができます
  • 自習室を完備しているところが多いので、他の受験生と一緒に勉強できるため『自分もがんばろう!』という気持ちになります
  • 全国模擬試験とかもあるので、それに合わせて講師から点数アップのコツを直接教えてもらえます

受験シーズンであっても落ち着いて勉強ができるよう、自分の状況に合わせて勉強を進めていくことは最も大切です。体調管理も気にしながら無理をせず、高校受験合格に向けて前向きに頑張ってください。皆さんの合格を、心から応援しています。

関連記事

  1. 小林さやか(ビリギャル)と札幌新陽高校の関係性は?経歴や著書について!

  2. 札幌厚別高校の総合学科の系列とは?学べる内容が違う?定員人数は?

  3. 明清高校(北海道)の学費は?入学金や授業料は?特待生制度はある?

  4. 北海学園札幌高校のコース制とは?2年次より4コースから選択?

  5. 明清高校(北海道)には寮がある?費用はどれくらい必要か?

  6. 札幌大谷高校野球部が甲子園出場?明治神宮野球大会で優勝!五十嵐大部長とは?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。