いつから高校受験に向けて勉強したらいいの?勉強期間や気になる試験日程は?

こんにちは!札幌高校進学ナビゲーターのさっしんです。皆さんは受験勉強いつから始めるご予定ですか?今回は受験勉強をいつから始めるのかについてのお話になります。

勉強する期間や受験の日程についても触れていきます。受験生の皆さんはぜひご参考にされてみてください。

高校受験の勉強はいつから始めるの?

two yellow and red wooden doors

高校受験の勉強をいつから始めたらいいのだろうと考えている方も多いでしょう。勉強が大好きであればいいのですが、基本勉強は億劫なもので取り掛かりに時間がかかるものです。しかし、高校受験は勉強しなければ希望の高校に合格することができません。

これから、高校受験に向けて勉強する期間はどのくらい必要なのかお話をしていきたいと思います。

勉強する期間はどれくらい?

round white wall clock reading at 2:50

高校受験のために勉強する期間がどのくらい必要か、結論から申しますと「いつから始めようかな」と考える、まさにその時から始めるのがベストで、受験があるその日まで続けていくことが望ましいです。東進ハイスクールの林先生が言っていた「いつやるの?今でしょ!」はまさにその通りだと言えますね。

高校受験は中学3年の2月以降から始まっていきます。受験勉強は取り組み始めるのが早ければ早いほど、それだけ勉強に時間を費やせるため選べる高校も増えてきますし、受験方法として推薦なども視野に入れやすくなります。

しかし、中学1年生では「習っていない分野も多いしなぁ」と思ったり、中学2年生では「部活動が忙しいし」と、中学3年生では「せめて部活の夏の大会が終わるまでは」などその学年ごとによってもその方によっても状況が違ってきますよね。

しかし、早すぎると考えがちの中学1年生からでも受験を意識することによってできることはあります。また、中学2年生、中学3年生でも、どの時期に受験を意識するかによって、その取り組み方が変わってきます。

中学・高校の授業のイラスト

中学1年生であれば勉強内容は基礎内容がほとんどです。その基礎をしっかり押さえておくことで、中学2、3年で学習する内容の理解度が変わってきます。中学1年生の時から10分でも20分でも毎日勉強をする習慣をつけておくことで本格的に受験勉強に取り組む時に、かなり負担の大きさが変わってきます。

また、2年生、3年生になれば部活動で忙しくなる方も多いでしょう。しかし、だからと言ってそれが勉強をおろそかにする理由にはなりません。

厳しい部活のイラスト

力の入れ具合は部活動を中心でもいいかと思いますが、頭の片隅にでも受験を意識して、少しでも勉強を行っておくことが大事です。そうすることで部活動に区切りがつき、本腰を入れて受験勉強に取り組む時に学力はもちろん気持ちのうえでも大きな差が生まれてくるのです。

また、受験する高校がどのような高校なのかによっても勉強する期間が変わってきます。希望する高校のレベルや自分の学力で行ける高校、自分の学力よりもさらに上の高校など、選択する高校によっても勉強する期間が変わってきます。もちろん、自分の学力よりも上の高校を希望する場合にはしっかり勉強に取り組んでいく必要がありますし、それだけ時間をかけなければいけません。

多くの高校は受験当日の試験の点数に加え、中学での内申点でも合否の判定をしています。中学3年間の授業態度や定期テストをしっかり頑張って、内申点を上げておくことで高校受験を楽にすることにもつながります

だからと言って、中学3年生から高校受験に取り組むのは遅いというわけではありません。中学3年生はまさに受験のための年です。

中学3年に上がってすぐに1、2年生で習った基礎を押さえ、夏には苦手分野などの自己分析とそれを克服するための学習、秋にはケアレスミス対策やテストに慣れておく学習に取り組み、冬には直前対策といったように、スケジュールを立てることで受験で戦える学力を十分に身に着けることができます。もちろん、それなりに受験勉強に取り組んでいく覚悟は必要です。

また、受験勉強に取り組む期間を考えるうえでスケジュールをできるだけ明確に立てていくことが大切です。ではスケジュールを立てるために、まず何を考えていけばよいと思いますか?そうです!受験という名の決戦の日を把握しておかなければスケジュールは立てられませんよね。

これから高校入試の日程についてお話していきます。

高校入試のおおよその日程は?

white printer paperr

北海道の高校入試は最大で4つ受けることができます。道立高校、私立高校のA日程、B日程、そして国立高等専門学校の4つです。これから、2018年に行われた入試の日程をご紹介させて頂きます。

【道立高校入試日程】

道立高校入試の日程を調べてみますと、このような日程で行われていました。

  • 推薦入試:2月14日(水)
  • 一般入試:3月6日(火)
  • 合格発表:3月16日(金)

道立高校の一般入試が一番遅い日程になります。ここに焦点を置いて勉強に取り組む方も多いです。次に私立高校の入試日程です。

【私立高校入試日程】

私立高校にはその高校によってA日程とB日程があります。もちろん、日程がカブっている高校には受験できません。ですので、私立高校には多くても2つまでしか受験できないことになります。2018年の私立高校の日程は以下になります。

  • A日程:2月16日(金)
  • B日程:2月20日(火)

高校によっては2日間にかけて入試を行っている高校もありました。その場合、A日程では2月16、17日。B日程では2月20、21日に行われていました。私立高校の入試内容は道立高校と勉強方法が変わってきます。私立高校に重点を置いて入試を考える際には問題傾向の把握やその対策をしっかり立てておく必要があります。

最後に高等専門学校の2018年の入試日程です。

【国立高等専門学校(高専)入試日程】

北海道には国立の高等専門学校(高専)が4つあります。高専とは中学卒業者を対象に5年間の教育を通して専門技術者を養成する学校になります。2018年の入試日程はこちらです。

  • 一般入試:2月18日(日)
  • 合格発表日:3月2日(金)

北海道にある国立高専の推薦は1月後半に行われていました。高専の入試は専門的な内容のことが多く、道立とも、私立とも入試傾向が違ってきます。高専を考えている方は受験の対策をしっかり計画立てて時間をかけて取り組んでいく必要があります。

4つの入試日程は以上になります。いかがでしたか?これまでお伝えしてきた日程は2018年のものですので多少の日程のずれがあるかとは思いますが、通年この時期に行われています。高校受験を行うスケジュールを立てるのに役立ててみてください。

まとめ

macro focus of pink flowers

  • 受験勉強はいつから始めようと思ったその時から始めるのがベストです。
  • 中学1年生からでも高校受験に取り組める勉強はあります。
  • 中学3年生からはじめても受験勉強遅くありません。しかし、スケジュールをしっかり立てて取り組んでいく必要があります。
  • 北海道の高校入試最大で4つ受けることができます
  • 道立高校2月に推薦入試が、3月に一般入試と合格発表があります。
  • 私立高校の入試A日程とB日程があり、最大で2つしか受けることができません。いずれも2月に実施されます。
  • 高専高校は2月に入試が行われます。

いかがでしたか。受験勉強を始める期間は人それぞれです。自分の学力と受験を希望している高校のレベルや入試の日程を把握してスケジュールを立てて取り組んでいくことが重要になってきます。「敵を知り、己を知れば百戦あやうなかれ」です。

受験という名の決戦の日は遠いかもしれませんし、近くまで来ているかもしれません。それを決めるのはあなた自身です。これまでのお話に耳を傾けていただけたのであれば、今から少しづつでも受験勉強を始めてみてもいいかもしれませんよ。お付き合いありがとうございました。

関連記事

  1. 札幌大谷高校の卒業した有名人は?里田まいが卒業生?

  2. 札幌山の手高校のオープンスクールは?保護者説明会も実施される?

  3. 高校受験は勉強スケジュールを立てよう!その手順を紹介!

  4. 札幌厚別高校の総合学科の系列とは?学べる内容が違う?定員人数は?

  5. 札幌創成高校への交通手段は?バスや地下鉄で行き方を調査!

  6. 英藍高校の全日制普通科単位制とは?選択教科が豊富で楽しい?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。