母子家庭が受けられる高校進学への支援金や奨学金は?その種類や受給条件は?

こんにちは!札幌高校進学ナビゲーターさっしんです。

今回は母子家庭の方におすすめの高校進学のための支援金や奨学金制度について調査しました。本当にたくさんの制度があり、内容や条件はさまざまです。

高校進学を考える母子家庭は支援金や奨学金を視野に!

flag of USA standing near blackboard

平成28年度の厚生労働省の調査によると母子家庭、いわゆる母子世帯数は123.3万世帯です。それに対して父子世帯数は18.7万世帯と圧倒的に母子家庭の方が多い結果となっています。世帯の年間収入を比較していますと母子世帯が243万円に対して父子世帯は420万円となっています。

ひとり親世帯は子育ての負担に関しては一緒のように感じますが、経済的に見ても母子家庭が厳しいという現状が以前から続いていることがわかります。義務教育までは経済的にそれほどかからないかもしれませんが、高校進学となると小学校や中学校の時と比べて金銭的負担が大きくなってきます。

実際に高校進学するためにかかる費用は公立高校、私立高校によって変わってきます。平成27年度の文部科学省の調査によって高校進学にかかる1年目の平均費用はこのようになります。

<初年度にかかる公立高校・私立高校の費用>(1年間)
公立高校 私立高校
授業料 118,800 390,578
入学金 5,641 162,362
施設整備費等 169,360
合計 124,441 722,300

公立高校は約12万私立高校は約72万円です。72万円あれば豪華なディナーが何回行けることでしょう。授業料・施設設備等を考えると公立高校は月に9,900円私立高校は月に約4万6,000円になります。かなりの負担ですね。

その現状を目の当たりにして高校進学をあきらめてしまう方もいるでしょう。しかし、その考えは間違っています。母子家庭でも低所得世帯でも制度を上手に使うことによって高校進学はできます。その制度の種類、そして受給条件をこれからご紹介していきます。

支援金や奨学金の種類とは?制度の受給条件は?

科学, 技術, 教育, 研究, デジタル, Professional, 解析

まず、高校進学に関して支援金制度を2つご紹介していきます。まずは高等学校等就学支援金制度です。

【高等学校等就学支援金制度】

高等学校等就学支援金制度は平成26年度から再スタートした高校無償化の新制度で、授業料の負担を軽減する制度になります。受給要件、支給額は以下の通りです。

<受給要件>

受給要件は在学要件、在住要件、所得要件の3つを満たしていることとなります。

1.在学要件

下記の学校に在学している方が対象です(国立・公立・私立は問いません)。
・高等学校(全日制、定時制、通信制) ※専攻科・別科を除く
・中等教育学校の後期課程 ※専攻科・別科を除く
・特別支援学校の高等部
・高等専門学校(第一学年から第三学年まで)
・専修学校の高等課程
・専修学校の一般課程(高等学校入学資格者を入所資格とする国家資格者の養成施設)
・各種学校(高等学校入学資格者を入所資格とする国家資格者の養成施設及び告示で指定した外国人学校)

ただし、高等学校等を既に卒業又は修了した者、高等学校等に在学した期間(定時制・通信制に在学した期間は、その月数を1月の4分の3に相当する月数として計算)が通算して36月を超えた者、科目履修生、聴講生等は対象となりません。

引用:文部科学省公式サイト

高等学校に通うのであれば誰でも申請できるわけではないんですね。お子さんがもしも専攻科に行きたい場合、対象にならないため良く話し合う必要があります。

高校は義務教育ではないので、通う通わないは自由です。ですので、以前高校に通っていて辞めてしまった方もいるでしょう。やっぱり高校を卒業したいと考えた時、以前の在学日数によっては対象にならない場合もあるため注意が必要です。また、高校の卒業資格を持っている方も対象にならないようです。

2.在住要件

日本国内に住所のある方が対象となります。日本国内に住所があれば、外国国籍の方も申請出来るので安心です。

3.所得要件

家庭の年収約910万円未満世帯の生徒が対象となります。両親のいる家庭でも、ここまでの年収がある家庭は珍しいのではないでしょうか。ですので、母子家庭の方はほぼ所得要件内になるでしょう。

<支給額>

引用:文部科学省公式サイト

なお、支給要件もあります。私立高校などについては、世帯収入に応じて月額9,900円の金額の最大2.5倍まで支給てもらえます。

高校によっても違いますが私立高校の場合、月の授業料は約3万6,000円ほどかかります。9,900円ではとても賄えませんが1.5~2.5倍の支給をしてもらえると負担がだいぶ軽くなります。

金額にすると1万4,850~2万4,750円、3万6,000円には遠く及ばないため他の制度で補っていく必要があります。

次に高校生等奨学給付金制度についてご紹介していきます。

【高校生等奨学給付金制度】

高校生等奨学給付金制度とは、母子家庭のような所得が低い家庭にいる高校生などを対象として、教育を受けるために必要な授業料以外の教育費の負担を軽減するために給付金を支給するための制度です。平成26年に高等学校等就学支援金制度が設けられたのと同時に導入されました。

授業料以外の教育費とは教科書代や修学旅行費などになります。世帯種別ごとの対象者・支給額についてはこちらになります。

<対象者・支給額(年額)>

引用先:文部科学省公式サイト

所得や子どもの人数によって支給要件は細かに設定されています。給付金受給に関する要件は表のように国が補助基準として設けていますが、実施事態は各都道府県に任せられているため、都道府県によって、具体的な要件や給付額や手続き方法が異なります。主な手続きとしては以下の通りになります。

<高校生等奨学給付金制度の申請手順>
手順1:申請書の必要事項を記入

各都道府県の用意している申請書に必要事項を記入します。申請書は在学している高校から配布してもらえます。

手順2:必要書類を添付し、申請書を提出

申請書と一緒に提出する必要書類がいくつかあります。

  • 在学証明書
  • 健康保険証の写し
  • 生活保護受給証明書(生活保護を受給している場合のみ)
  • 課税証明書(非課税世帯のみ)
手順3:認可され受給

申請書、必要書類を提出すると審査が行われます。審査を通過することで、指定口座に給付金が振り込まれ、受け取ることができます。給付時期については都道府県によって違ってきます。

文部科学省のホームページに「高校生等奨学給付金のお問い合わせ一覧」があります。詳しく知りたい方は下に問い合わせ連絡先のサイトを記載していますのでそちらに一度問い合わせるといいかと思います。

引用先:高校生等奨学給付金のお問合せ先一覧

今までご紹介してきた高等学校等就学支援金制度、高校生等奨学給付金制度で負担は軽くすることはできます。

しかし、その2つだけで全てを賄っていくことはできません。その2つの制度に加えて授業料、その他の必要費を補っていくことができる制度が奨学金制度になります。今回は母子家庭におすすめの奨学金についてご紹介していきます。

【母子家庭におすすめの奨学金】

奨学金には「給付型」と「貸与型」の2種類があります。

  • 給付型とは返済する必要のないタイプの奨学金
  • 貸与型受け取った金額をいずれ返さなければならないタイプの奨学金

になります。また、貸与型はさらに「無利子」と「有利子」の2種類に分かれます。

前者は受け取ったお金の金額をその金額のまま返済するのに対して、後者は受け取ったお金に利息をつけて返済する必要があります。これから奨学金の中から給付型の奨学金、貸与型の中でも無利子の奨学金をご紹介していきます。

<給付型奨学金>

お金, ファイナンス, ビジネス, 成功, Exchange, 金融, 現金

給付型奨学金その1

引用先:公益財団法人コープさっぽろ社会福祉基金

こちらの奨学金事業は、もともと障害を持つ生徒を支援するために奨学金事業をはじめた事業ですが、1985年に母子家庭にも対象を広げて支援を行っています。いずれも返済不要の給付型奨学金制度となっています。

○奨学金の金額

支給金額は月額1万円になります。これって多いのか少ないのかわからないですね。私立高校の月々の授業料がおよそ3万6,000円として、高等学校等就学支援金制度と一緒に利用すると月々約1万円。

合わせて2万円になります。私立高校に通うとなれば授業料を賄うことはできませんが返済不要ですので他の奨学金制度と合わせることで負担はかなり軽減できるかと思います。

○募集人数

奨学金制度は対象となる方であれば誰でも受けられるものではなく、受給できる人数が制限されます。こちらの奨学金事業では2017年時の募集人数は38名となります。北海道内のひとり親世帯が約5万世帯あると言われていますので支給対象になるためにはかなりの倍率になることが考えられます。

給付型奨学金その2

引用先:公益財団法人梅津奨学院

こちらも返済不要の奨学金事業になります。支給金額は先ほどご紹介した奨学金事業と同額になります。採用人数が若干名と記載されていますが、事業計画書を見てみますと毎年90名に対して奨学金を支給していました。

こちらもかなりの倍率になることが考えられますね。応募に関してですが年に1回、8月中旬以降となっています。応募する場合はこちらにも注意が必要になります。

<貸与型(無利子)奨学金>

電卓, 計算, 保険, ファイナンス, 会計, ペン, 投資, オフィス, 仕事

貸与型(無利子)奨学金その1:母子寡婦福祉資金

母子父子寡婦福祉資金貸付金は、ひとり家庭の父母等が、就労や児童の就学などで資金が必要となったときに、都道府県、指定都市又は中核市から貸付けを受けられる資金で、ひとり家庭の父母の経済的自立を支援するとともに生活意欲を促進し、その扶養している児童の福祉を増進することを目的としています。
返済時の負担軽減のため、貸付利率については、無利子とします。

引用先:(財)全国母子寡婦福祉団体協議会

この制度は厚生労働省が管轄し、各都道府県で実施されています。この制度には13種類の福祉資金があり、このうちの1つ、修学資金高校に就学するために必要な授業料、教科書代などに必要な資金を貸し付けてもらえます。

北海道の場合、貸付限度額は月額2万7,000~9万6,000円です。償還期間が5~20年以内となっています。給付型奨学金の金額と比べてみても結構借りることができます。

また、給付型奨学金と違って貸付人数制限などはありません。対象になる方には貸し付けを受け付けてもらえます。しかし、いずれ返さなければいけないため、給付型奨学金などと併用して必要最低限の貸し付けをすることをお勧めします。

勉強好きな学生のイラスト(女子)

貸与型(無利子)奨学金その2:社会福祉協議会の生活福祉資金

「生活福祉資金貸付制度」は、低所得者や高齢者、障害者の生活を経済的に支えるとともに、その在宅福祉及び社会参加の促進を図ることを目的とした貸付制度です。

引用先:全国社会福祉協議会

各都道府県社会福祉協議会が実施主体となり、市町村社会福祉協議会が窓口となっています。

社会福祉協議会とは社会福祉活動を推進することを目的とした民間の事業所になります。その社会福祉協議会が窓口となっている生活福祉資金には総合支援資金、福祉資金、教育支援資金、不動産担保型生活資金の4種類があります。

そのなかの、教育支援資金が高校進学のための貸し付けを行っています。教育支援資金には教育支援費就学支度費の2種類があります。

○教育支援費

こちらは高校などに就学するのに必要な授業料などの費用を支援してもらえます。貸付限度額は高校の場合ですと月額3万5,000円です。こちらも結構借りれますね。償還期間は卒業後、20年以内となっています。こちらも人数制限等はありません。

しかし母子寡婦福祉資金と同様にいずれは返済する必要があるため、計画的に借りる必要があります。しかし、利子もなく、返済期間が20年なので月々の返済額が少なく済むことがメリットになります。

○就学支度費

こちらは高校などへ入学する際に必要な入学金などの費用を支援してもらえます。貸付限度額は50万円まで支援してもらえます。償還期間は教育支援費と同様になります。50万円あれば、入学金だけではなく、制服やカバンなど必要なものをそろえることもできますね。

入学式のイラスト「ブレザーの学生」

貸与型(無利子)奨学金その3:北海道高校奨学会

引用先:公益財団法人 北海道高等学校奨学会

こちらの奨学金事業も貸与型ではありますが無利子で貸し付けてもらえる事業です。貸付金額は公立高校の場合は1万~2万5,000円私立高校の場合は1万~3万5,000円まで借りられます。

これだけ借りることができれば何かと賄うこともできるかと思います。償還期間は12年と少し短めです。奨学金貸付人数は平成29年度には公立高校に進学した67人私立高校に進学した65人の約130人に対して奨学金の手続きを行っています。

給付型奨学金はハードルが高いため、受給することが難しいようでしたらこちらも検討していく必要があります。

まとめ

中心部, 愛, 日没, 形状, 記号, シルエット, シンボル, 夏

  • 母子家庭であっても制度を上手に使うことで高校進学はできます
  • 国の支援制度として高等学校等就学支援金制度高校生等就学給付金制度があります。
  • 高等学校等就学支援金制度と高校生等就学給付金制度で足りない分の金額は奨学金で賄っていくことで補えます。
  • 奨学金には給付型貸与型があり、貸与型はさらに無利子有利子があります。
  • 貸与型奨学金を利用する時には返済期間なども考え必要最低限の金額を借りるようにしましょう。

いかがでしたか?奨学金をはじめ、さまざまな制度を利用することで母子家庭でも高校に進学できるのです。経済的な理由で高校進学をあきらめる必要はないんですよ。

今回ご紹介させて頂いた奨学金制度などはほんの一部です。あなたに手を差し伸べてくれる人は必ずいます。諦めなければ楽しい高校生活が見えてくるはずです。

関連記事

  1. 英藍高校の入学金や学費は?3年間に必要な費用を算出してみた!

  2. 札幌静修高校の授業料や学費は?入学金免除できる?

  3. 札幌大谷高校美術科の評判や学費は?入学試験の偏差値や難易度は?

  4. 高校進学の奨学金について徹底解説!返済が不要?受給の条件とは?

  5. 札幌山の手高校に学生寮はある?下宿費用はいくらかかる?

  6. 北海学園札幌高校の入学金や授業料は?3年間に必要な学費はいくら?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。