高校進学で英検・漢検が本当に有利になるの?めざすべき検定級数は?

みなさん、こんにちは!札幌高校進学ナビゲーターのさっしんです。今回は検定について調査しました。

みなさんは検定試験を受けたことはありますか?高校進学について検定を取得していることで有利になるのかどうかを調べました。

高校進学で検定は重要なのか?

宿題, 学校, 問題, 番号, 紙, 物理学, 科学, テスト, 大学

検定とは、一定の基準に照らして検査し、合格、不合格、等級などを決定することを言います。聞き覚えにあるのは英検、漢検などがあるかと思います。そのほかにも、そろばん検定、簿記検定、けん玉検定といったように検定にもさまざまな分野のものがあります。

最近で言えば、史上最年少の小学5年生が数学検定1級に合格したとニュースでも取り上げられ話題になりました。これから、高校進学において検定は重要なのかどうかをお話していきますね。

高校進学で英検・漢検が有利になる?

person using pencil

では、高校進学にその検定は重要なのでしょうか?はじめに結論を申し上げますと高校進学に重要な検定はあります。その検定を持っていることで高校進学が有利になります。

主に有利とされている検定でポピュラーなものとしては英検と漢検が上げられるでしょう。それぞれの検定について順番にご説明していきますね。

【英検とは】

引用先:公益財団法人 日本英語検定協会

英検とは、実用英語技能検定の略称で、公益財団法人日本英語検定協会が実施する英語技能の検定になります。日本での英語に関する検定としては最もポピュラーな検定のひとつです。英検は、学習レベルに応じて7つの級が設定されています。

身近な目標設定でステップアップ!

引用先:公益財団法人 日本英語検定協会

英検では、学習レベルに応じて7つの級を設定しています。

  • 英語の基礎となる5級~3級
  • 実用的な英語力を身につけるための準2級・2級
  • 流ちょうな英語力があることを評価するための準1級・1級

級毎のの技能レベルはこんな感じでしょうか。それぞれの級数に応じて英語における「読む」「書く」「聞く」「話す」4つの技能を習得できます。

自分の英語力に応じて、どの級からでもチャレンジすることができ、英語力を把握するとともに、上の級をチャレンジすることでさらなる英語力を身につけることもできます。英検は英語力をつけるだけではなく、一定の級を取得すると高校入試で優遇されます。それが、入試優遇・単位認定制度です。

この制度によって高校入試の英語学科免除入学金や授業料の免除英語科目の単位認定などのメリットを得られます。

単位とは英語などの授業を受け、定期テストを一定の得点以上をとることで得ることができるもの。単位認定とはある検定を持っていることで授業やテストを受けることなく単位取得を認定してもらえることです。

では、次に漢検について説明していきます。

【漢検とは】

日本漢字能力検定

私の好きな漢字と漢検 vol.11 (後編)興味を持つことが学びの原動力になる 高橋英樹さん

引用先:日本漢字能力検定

漢検とは、日本漢字能力検定の略称で、公益財団法人日本漢字検定協会が実施する漢字能力に関する検定のことを言います。こちらも英検と並んで、日本ではポピュラーの検定になります。漢検に関しては公益財団法人日本漢字検定協会のホームページにわかりやすい説明文がありましたのでこちらをご覧ください。

『漢検』にチャレンジすることで文章の理解力が身につくと、漢字だけでなくいろいろな勉強の基礎学力として役に立つんだよ。

引用先:日本漢字能力検定

漢検は漢字をたくさん覚えたり、使えたりするだけではなく、正しい日本語を使えるようにする能力検定になります。もはや漢検ではなく、日本語検定と言っても過言ではないもののようです。漢検を受けることで正しい日本語力を身につけるだけでなく、学習する力も養っていけます。

英検のように入試の時に科目免除のような優遇措置がある高校もあることはありますが少ないです。それよりも、漢検を取得することで内申点を加点してもらうことができ、推薦をもらいやすくなる利点の方が大きいです。

おさらいしてみよう。『漢検』に取り組むことで『基礎学力に結びつくので成績向上につながる』『チャレンジする意欲がわく』『自分に自信がつく』つまり『人生を豊かにする』ことができるんだ。

引用先:日本漢字能力検定

さて、英検・漢検についてご紹介してきましたが、実はもう一つ高校進学に有利になる検定があるんです。それが「数検」。文系の科目よりも数学が得意!!というあなたのために、最後に数検についてもご紹介させていただきます。

【数検とは】

引用先:公益財団法人 日本数学検定協会

数検とは、実用数学技能検定の略称で、公益財団法人日本数学検定協会が実施する数学・算数の検定のことです。最近では英検・漢検と並び注目の検定のひとつになっています。この検定では下は11級~1級までと幅広い数学の力が試されます。

おもに、数学領域である1級~5級までを「数検」、算数領域である6級~11級、かず・かたち検定までを「算検」と呼び、数検・算検ともに、そのレベルに応じて実用的な技能(計算・作図・表現・測定・整理・統計・証明)を測り検定します。

現在、数検を受ける人は年間500万人以上おり、いまや、数学、算数に関するスタンダードとして進学や就職に必要な検定になってきています。この数検でも英検と同様に入試優遇制度があります。高校入試に優遇内容は高校によってさまざまです。

ここまで、英検・漢検・数検についてご紹介してきました。各検定がどのように重要なのかがお分かりいただけましたでしょうか?次からは各検定の高校進学のための目指す目標検定級数をお伝えしていきます。

目指すべき検定級数とは?

white concrete staircase

各検定の級数には中学卒業程度、高校卒業程度、大学卒業程度といったように目安があります。これから目安と同時に高校進学のためにはどの級数を目指していくのかをお伝えしていきます。まずは英検の目安です。

【英検各級の目安】

修得目標 推奨目安

使える英語の登竜門

  • 基礎力定着
  • 高校入試レベル
5級 中学初級程度
4級 中学中級程度
3級 中学卒業程度

使える英語で世界へ

  • 大学入試レベル
  • 2級から海外留学
  • 履歴書で評価される
準2級 高校中級程度
2級 高校卒業程度

リーダー(品格)の英語

  • ライティング、スピーキングを含む4技能の総合力を測定
準1級 大学中級程度
1級 大学上級程度

高校入試免除には3級以上が必要な高校が多いです。また、授業料免除となると準2級、なかには準1級が必要な高校もありました。3級から筆記試験に加えリスニング、面接もあります。4級には面接はないので4級と3級では大きな壁を感じますね。

ちなみに時々日本語も怪しいと言われることもある私としては、ペラペラっと外国の方と会話ができるくらいの英語力のある人って、本当に羨ましいかぎりです。

では次に、漢検の目安を見ていきましょう。

出題漢字数
10級 小学校1年生修了程度 80字
9級 小学校2年生修了程度 240字
8級 小学校3年生修了程度 440字
7級 小学校4年生修了程度 640字
6級 小学校5年生修了程度 825字
5級 小学校6年生修了程度 1,006字
4級 中学校在学程度 1,322字
3級 中学校卒業程度 1,607字
準2級 高校在学程度 1,940字
2級 高校卒業・大学・一般程度 2,136字
準1級 大学・一般程度 約3,000字
1級 大学・一般程度 約6,000字

中学生が取得する目安は4級、3級ですが、内申点が加点されるのは3級からになります。3級の問題例を見てみますと「暫定」「境内」の読みや、「イタらぬ」「サムライ」の漢字問題が出題されていました。いずれもマークシート方式での回答のようです。

今の問題、みなさんはできましたか?私がいくつ正解したかは・・・まあさておき(笑)、3級は中学卒業レベルと言っても約1,600字から出題されます。3級を習得することは内申点だけではなく、高校進学の入試においてもなかりの自信がつくことになりますね。

高等学校が「漢検を活用する理由」とは!?

「漢検を評価・活用している」と回答した学校に対し、活用する理由に関する任意アンケートを行ったところ、以下のような結果になりました。(有効回答校数:562校)
多くの学校が、「漢検はすべての教科の基礎となる漢字能力の証明になる」「漢検はやる気を持って学習に取り組む姿勢のアピールになる」と見なしている、と言えます。
また、その他の回答の中には、「キャリア教育の一環として」「進学実現に役立てるため」という回答が見られ、漢検が生徒の将来を見据えた取り組みに活用されていることもわかりました。

貴校が漢検を評価・活用する理由は何でしょうか(複数回答可)

入試前から入学後まで、漢検があなたの力になります!

入試においては、選考の際の参考・点数化・出願要件という形で活用されています。また、入試だけでなく在学中の取得推奨資格や、単位認定としても活用されています。

活用の種類別内訳 (回答内容より分類)

※複数の種類で活用している場合は、それぞれ校数に含む

引用先:日本漢字能力検定

入試科目免除の高校も少ないですが16校あります。しかしながら多くの高校が漢検を取得していることを評価しています。

では最後に、数検の目安です。

【数検各級の目安】

級数 レベル
5級 中学1年程度
4級 中学2年程度
3級 中学3年程度
準2級 高校1年(Ⅰ・A)程度
2級 高校2年(Ⅱ・B)程度
準1級 高校3年(Ⅲ)程度
1級 大学・一般程度

各高校によって違いは多少ありますが3級以上が優遇対象になっていることが多いです。3級を取得するために検定試験を受ける必要があります。検定試験には1次検定、2次検定があり、1次検定を70%程度、2次検定を60%程度正答しなければ習得できません。

せっかくなので数検からも、3級の2次検定の問題をひとつご紹介します。

引用先:検定過去問題 

これを見るだけで頭が爆発しそうです!すべてを忘れて卓球がしたくなりました。そうだ、卓球場へ行きましょう!っと冗談はさておき、3級と言ってもそれなりの数学力が必要になります。

この3級以上を取得することで一般・推薦入試で優遇されるんです。また、高校在学中に取得することで単位認定をしてもらえる高校もあります。

いずれの検定も、級ごとの問題例をネットで見ることができます。「自分の得意分野だからこれならいけそう」とか「ちょっとおもしろそうだな」なんて興味を持てるようなら、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

  • 高校進学に英検・漢検・数検を取得していると有利になります。
  • 英検3級以上入試科目免除準2級以上取得授業料などが免除される高校もあります。
  • 漢検3級以上入試科目免除などの優遇はありますが、英検ほどではありません。それよりも、内申点の加点の方が利点としては大きいです。
  • 数検3級以上で入試で優遇されることがあります。また、進学後、在学中に取得しても、数学などの特定の科目の単位認定をしてもらえる高校もあります。

みなさんいかがでしたか。英検・漢検・数検をすでに持っている方は、自分の希望している高校が検定を持っていることで優遇措置をしているかどうか確認してみた方が良いですよ。また、検定を持っていない方は今から英検、漢検、数検の取得を考えてみましょう。高校進学が少し楽になるかもしれませんよ。お付き合いありがとうございました。

関連記事

  1. 附属高校の特徴とは?偏差値が高い高校が多い?倍率や人気がある?

  2. 英藍高校のオープンスクールは?保護者説明会も実施される?

  3. スポーツ推薦で高校進学すると入学金や授業料が免除になる?

  4. 明清高校(北海道)口コミ評判は?校則や特徴・校風は?掲示板も調査!

  5. 明清高校(北海道)には寮がある?費用はどれくらい必要か?

  6. 海外の高校に進学する方法は?留学するための費用や注意点を調査!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。