高校進学にはどんな種類があるの?AOや推薦入試の基準を調査!

こんにちは!札幌高校進学ナビゲーターのさっしんです。

人生の1つで大切な節目というのが、高校進学。高校に入学するには入試をクリアする必要があります。その入試というといくつか種類があるのですが、今回はAO入試推薦入試の2種類について調査しました。ぜひ皆さんの入試情報に役立ててくださいね。

高校入試の科目について

高校といっても、県立・私立・国立など誰が作って管理しているかによってそれぞれ種類が分けられます。また、それぞれ受験科目も異なるので、まずはその違いについて見ていきましょう。

【公立高校(県立や市立など)を受験する】

試験科目は、原則的に5教科(国数英理社)です。

ただ、普通科以外の専門学科の受験においては3教科(国数英)で行われたり、体育系・芸術系の学科などで実技試験が行われたりすることもあります。

また、公立高校を受験する場合、原則として都道府県外からの受験はできません。ただし保護者の転居など正当な理由がある場合は、所定の手続きをすることで都道府県外からの受験が認められます。

【私立高校を受験する】

私立高校の入試科目は学校によって多少違いますが、主に以下の2パターンがあります。

  1. 入試科目3教科(国数英)面接
  2. 入試科目5教科(国数英理社)面接

さらに、『入試』と一言で言っても、いくつか受け方の種類があります。確実に高校に入学できるよう、これらの入試方法についても頭に入れておきましょう。

  1. 単願(専願):受験する私立高校に合格した場合、必ずその高校に進学することを約束して願書を提出します。
  2. 併願:私立高校以外の公立高校や他の私立高校も受験するという場合は、併願で願書を提出します。
  3. 回し合格:例えば、選抜特進・特進・総合の3コースがある私立高校を受験したとします。選抜特進や総合に合格点が足らなくても特進コースで合格点が足りていた場合、特進コースに合格するといった方法です。
  4. 推薦:指定された内申以上の生徒を、中学が高校に推薦することです。これは単願でも併願でも存在します。

【国立高校・高専を受験する】

国立高校も高専も受験方法は同じで、5教科(国数英理社)の筆記試験があります。ただし埼玉県や神奈川県や山梨県には、高専がありません。このような地元に高専のない地域の場合、高専進学志望なら他県の高専を受験して合格したらその他県の高専に通うことになります。

県立・私立・国立でも、それぞれ受験科目が異なり合格するまでは気が抜けません。志望校が決まったら入試対策に取り組むことになりますが、学校によっては過去問があるところもあります。どういう出題傾向なのか事前に調べたりすると、合格への自信にもつながりますのでぜひやってみてください。

高校入試の種類について

高校入試には一般入試の他にAO入試と推薦入試(公募制・指定校制)があり、『専願』と『併願』の受け方があります。中学校の成績と学校での生活態度が重要視されるため、志願高校が決まったら自分の成績はその学校の偏差値レベルになっているかどうか、いつも意識しましょう。

専願とは?

専願はその学校のみ 受験することです。主に、私立の学校が多いです。

併願とは?

併願は 私立を滑り止めにうけて、もし公立が合格にならなかった場合は私立に行くという方法です。

【推薦入試(公募制)】

学校が求める出願条件を満たし、校長の推薦が得られればどこでも出願できます。この場合は進学先の学校によりますが、『専願』と『併願』が受験できます。

【推薦入試(指定校制)】

高校が指定した生徒のみ、出願資格があります。学校によっては厳しい審査基準があるため、下調べが必要になってきます。原則としては、『専願』の受験となります。

【AO入試】

面接・小論文・志望動機や、学科に対する適正、入学後の意欲などで総合的な人物評価を行って選抜する方法のことです。AO入試は、『専願』がほとんどです。

【一般入試】

一般入試では学力試験を受けて、その点数と内申点との総合点で合否を決めます。中には面接も試験の時に、一緒に行い総合的に判定する学校もあります。

自分が進学する高校で楽しく充実した3年間を送れるかどうか、真剣に考えますよね。それにAO入試はよく聞く言葉ですが、あまり聞きなれない言葉なので意味がよく分からないという方も多いのではないでしょうか。でも人物評価をして合格の有無を決めているので、受験生の第1印象だけでなく普段から志望校に沿う自分なのかどうか、再確認してみる良い機会になると感じました。

AO入試について

AO(アドミッション・オフィスの略)入試とは、学校側が求める学生像(アドミッション・ポリシー)に合っているかどうかや、学びへの意欲や関心、適性を重視して選考する入試のことです。選抜方法は学校によって異なりますが、一番大切なのは強い志望動機があるかどうかです。

AO入試の特徴:受験生の人格や意欲や目標と、学校が求める人物像が合っているかをじっくりと時間をかけて選考される。

AO入試の特徴を知ってもらえたところで、どんな人が学校側に好印象を持ってもらえるのか調べました。

  1. 志望高校入学への意欲が強い
  2. 入学後の目標やビジョンが、具体的に描ける
  3. 表現力や論理的思考力がある

プラス自分の第一印象は9割決まると言われるくらい、見た目はとても大切です。志望高校合格者のほとんどの人がよくしていること、それは自分の顔を鏡で見ながら笑顔の練習をしています。見た目と試験合格率は比例しているので、みなさんも志望高校に合格できるよう第一印象はアップしましょう。

AO入試に合格するためコツ:①オープンキャンパスに参加したりWEBサイトを見て、『志望理由』を相手に伝える。②自分の意見や考え、将来の夢などを相手にしっかり伝えられるよう、普段から念入りに準備をしましょう。

推薦入試について

推薦入試は3種類あり、指定校推薦以外100%合格できるとは限りません。志望高校が早めに決まったら、『どのくらいの偏差値で、どのような受験条件があるのか』など下調べすることをおすすめします。

【指定校推薦】

中学校からの推薦が得られれば、志望高校から課される推薦入試自体の合格率は100%であることです。校内で自分が選ばれるよう日頃から学校の成績を上げるよう意識したり、部活動や課外活動などに積極的に取り組んでおくことが大切です。

【一般の公募推薦】

中学校からの推薦があり志望高校が求める出願条件を満たしていたら、いつでも応募できます。出願書類のほかに、面接や小論文を行うケースが多いです。

【特別推薦の公募推薦】

スポーツや文化活動における実績などが評価される、推薦入試です。『自己推薦』・『スポーツ推薦』・『文化活動推薦(課外活動推薦)』の3つに分けられ、プラス面接や小論文が試験として課されることが多いです。

受験するのに中学校の推薦枠が取れたら、気を抜くのは禁物です。私は面接がすごく苦手で緊張してしまう事が多かったため、友達や家族を面接官に見立ててよく練習してました。合格するために面接や小論文対策など、自分のできることは積極的にやっていくのが一番ですね。

一般入試について

一般入試は、学科試験を受けてその点数と内申点(中学校の成績と、学校での生活態度など)その総合点で、合否を決める方法です。

内申点を上げるコツは学校での生活態度を良くすることはもちろん、中学1・2年生の間に『普段の成績を、上げておく』こと。それと自分が目指す高校の合格点数が学校によって変わってくるので、現在の内申点を担任の先生に聞いて目標高校の入試合格ラインを一緒に考えることはとても大切なことです。

まとめ

AO入試と推薦入試について、まとめです。

  • 高校入試には、AO入試と推薦入試(公募制・指定制)の3パターンがあります。
  • AO入試は受験生の人格や意欲や目標と、学校が求める人物像が合っているかをじっくりと時間をかけて選考される。
  • AO入試合格のコツは『志望理由』をしっかりまとめることと、相手に熱意を伝えるために自分の意見や考え・将来の夢を準備する。
  • 指定校推薦入試は、中学校からの推薦が得られれば、志望高校から課される推薦入試自体の合格率は100%です。自分が選ばれるよう、日頃から学校の成績を上げるなど意識することが大切です。
  • 一般の公募推薦は、志望高校が求める出願条件を満たしていたら、いつでも応募できます。志望校対策を事前に調べ、対策しておくことが合格の秘訣です。
  • 特別推薦入試『自己推薦』・『スポーツ推薦』・『文化活動推薦(課外活動推薦)』の3つに分けられ、プラス面接や小論文が試験として課されることが多いようです。

受験は人生の節目の1つになるくらい、とても大切な時期です。志望高校が決まったら早めに担任の先生に相談したり下調べをしたりして、高校入学には皆さん笑顔で合格していただきたいです。ぜひ前向きに頑張ってくださいね。

関連記事

  1. 札幌大谷高校美術科の評判や学費は?入学試験の偏差値や難易度は?

  2. 高校入試制度とは?推薦選抜・特色選抜・一般・二次について!

  3. 高校受験の試験教科の順番は?試験日にならないと分からない?

  4. 高校受験は何校受けるもの?成績によりランクを下げることも重要!

  5. 札幌新陽高校の単願(面接入試)内容は?特待生制度の条件について!

  6. 公務員になるための高校進学?専門科もある?勉強の内容とは?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。