札幌新陽高校の各コースの定員や倍率は?おすすめは探求コース?

こんにちは!札幌高校進学ナビゲーターのさっしんです。

今回は、新陽高校コースについて色々調査してみました。受検を考えてくださってる生徒さんや親御さんの参考になればいいなと思いますので、是非読んでみてください。

新陽高校のコース別定員や過去の倍率は?

新陽高校のコースは、特進コース、探求コース、進学コース、総合コース、全部で4コースあります。定員は各コース同じで1学年280名と多く、現在の生徒数と比べるとまだまだ余裕があるようです。ということは、過去の倍率はというと1倍に満たないので、単願入試の方は特に受かりやすくなっています。受験するなら単願入試がおすすめですね。ただ、コースによっても受験に必要なランクが違うので注意してくださいね。詳しくは下記の募集要項をご覧ください。受験の流れも詳しく載っていますよ。

2019年生徒募集要項

1倍未満と、人気がないのかと思われた方もいるかもしれません、しかし、新陽高校は、最近注目されるようになり、知名度も上がってきました。グローバルな社会に対応していけるような授業作りや新たに探求コースというコースも設け、道内でもかなり注目されています。

【特進コース】

難関国公立大学を目指す新陽高校の中で最も学力レベルの高いコースです。授業ではタブレットを使用した最新の授業スタイルを採用しており、10年前には考えられなかった授業風景ですね。2018年現在の特進コースの生徒数は3学年合わせて70名前後とまだまだ余裕もありますので、ハイレベルな授業を受けたい、また難関国公立大学を目指したい方は是非このコースを受けてみてください。

【探求コース】

イノベーションを起こして新しい価値を創造する人を目指し、海外・国内大学への進学から、起業まで無限の可能性を追求!と学校のホームページでも掲げられていますね。

新しくできた探求コース、具体的にどういうところが他のコースとは違うんだろう?と思っていたのですが、調べてみると他のコースとは格段に違うところが出てきました。それは、現役で活躍する企業と実際に連携した授業を受けることができて、表現力や実務を習うことができるようです。

人数は、2018年現在1年生が、男子10名女子14名と24名で、新しくできたコースのため2.3年生は不在とのこと。たしかに海外の大学まで視野に入れたり企業と連携した授業をまであるなんて、最新のコースですよね。
探求コースの授業スタイル
どんな授業内容かというと、企業からの問いかけに対してみんなで考えて答えを出していくという、今までにない授業スタイルです。例えば、環境問題どうすればいいの?と知らない言葉がたくさん出てきてもすぐさま自分の力で調べます。それを用いてクラスメイトたちと知恵を絞りあい、意見して答えを見つけ出していきます。
このような問題が今起きているということだけではなく、普段感じることのできない問題を企業から投げられ、知らないことは自分たちの力で調べ、考えていく。視野を広げられ、考える力が身につくというのが注目される理由のひとつですね。

【進学コース】

少子高齢化の日本の新しい未来に挑戦していく人を目指します。国公立・私立大学、医療系専門学校などへAO・推薦入試での合格が目標とているコースです。3学年合わせて170名ほど在籍しています。

【総合コース】

世界から注目される「HOKKAIDO」を支える核となる人を目指します。一人一人の強みを伸ばし、それを活かした多様な進路を実現するコースです。卒業後は、大学への進学だけでなく専門学校や就職など様々な方向性へとチャレンジする生徒さんが多いようです。特進コースや進学コースに比べると、人数はかなり多く3学年で450名ほど在籍しています。さすが、総合コースというだけあり、色々な分野を問わず入学される方が多いのではないでしょうか。

おすすめは探求コース

先ほどもご紹介した通り探求コースでは、自分たちで問題に対して調べて取り組んでいくような授業スタイルです。それが非常に重要なことだと感じたので探求コースが1番おすすめしたいなと思います。

ただ、説明を聞くだけだとその内容は1度聞いても記憶することがなかなかできないですよね。それを自分たちの目で調べ、頭で考えて、みんなの意見を耳だ聞いて、口で発言していく。グループディスカッション形式の授業を多く取り入れることで、仲間との連携もできます。知恵を絞りあい、ベストアンサーを導き出し、発表することで、答えは1つではない、こんな意見もあるんだと、ステップアップにも繋がりますね。

このように自分自身の全てを使って経験したことってなかなか忘れないと思うんです。授業の内容が入ってきます。1人1人が体験型の授業であるため、しっかり取り組めるんだと感じました。

それが何回も繰り返されることによって、さらにレベルが上がり、社会に出たときも物事を考えるとき多方向から考えることができるし、自分の意見を伝えたいときも伝えやすくなると思います。

こんな経験ができるコースは珍しく、新しいコースとして注目されるはずです。ただ、毎日教科書通りの授業を受けるのではなく、自分たちで進めていくような授業なら楽しんで受けられると思います。ぜひこの学校の探求コースに入学したいですね。

まとめ

  • 新陽高校のコースは全部で4つ
  • 各コースの定員は1学年280名
  • 倍率は1以下でまだまだ受験しやすい
  • 探求コースは1人1人が体験型の授業

 

新陽高校にみなさん通いたくなったのではないでしょうか?4つもコースがあるから自分に合ったコースを選べるのも魅力的ですね。探求コース是非検討してみてください。以上、さっしんでした〜。

関連記事

  1. 小林さやか(ビリギャル)と札幌新陽高校の関係性は?経歴や著書について!

  2. 札幌山の手高校の進路実績の大学・短大は?就職先も調査!

  3. 札幌創成高校のオープンスクールや学校説明会の時期はいつ?

  4. 高校進学で県外はあり?寮がある高校は少ない?寮生活のメリットは?

  5. 中高一貫校は高校進学が有利?金銭面では私立の負担が重くなる?

  6. 専門科への高校進学とは?メリットやデメリットを知ろう!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。